【商用利用OK】ブログに使えるフリー素材&画像サイトおすすめ22選【有料・無料】

ブログで画像やイラストを使いたいけど、どんな素材サイトを利用すればいいか迷ってしまい、お困りではないでしょうか?

そこで今回は、ブログ初心者向けにおすすめのフリー素材サイトと有料素材サイトをご紹介します。

記事前半ではおすすめサイト20選、記事後半では素材サイトを利用する際の注意点を解説しますね。

当記事を読めば、最適な画像やイラストが見つかり、ブログ運営に役立ちますよ。

目次

【無料・有料】ブログにおすすめフリー素材サイト22選(画像・イラスト)

まずは、今回ご紹介する画像サイトを一覧でご紹介します。

【無料】ブログにおすすめフリー素材サイト18選(画像・イラスト)

ここからは、フリー素材サイトをひとつずつ紹介します。

①:Pixabay(ピクサベイ)

Pixabay
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
有料プランなし
会員登録不要

Pixabay(ピクサベイ)は、4,300万点もの画像やイラスト、動画を扱っている海外のフリー素材サイトです。

海外のサイトですが、日本語対応しているのでキーワード検索すれば、イメージに合った素材を見つけることができます。

画像をダウンロードする方法

まずは、Pixabayにアクセスして、検索窓に画像に関するキーワードを入力して検索します。

画像サイトpixabayで画像をダウンロードする方法

利用したい画像をクリックすると、ダウンロード画面が開くので、おこのみの画像サイズを選択して「ダウンロード」をクリックして完了です。

画像サイトpixabayで画像をダウンロードする方法

画像サイズは4つから選べますよ。サイズが大きいとファイル容量が大きくなってしまうので、「1280×853」サイズがおすすめです。

今回ご紹介するフリー素材サイトは、どれも同じような方法で画像をダウンロード可能ですよ。

ちなみに、PixabayはCanvaと連携しているので、画像をダウンロースせずにCanvaで編集可能です。

Pixabay

「素材をダウンロードしてCanvaにアップロードする…」という手間が省けるので、時短になりますよ。

>>Pixabay公式サイトはこちら

②:Unsplash(アンスプラッシュ)

Unsplash
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
有料プランなし
会員登録不要

Unsplash(アンスプラッシュ)は、おもに人物・風景を扱っている海外のフリー素材サイトです。

高画質でおしゃれな画像が多いので、洗練された素材を探している方におすすめです。

ただ、英語表記なので、日本語でキーワード検索できない点には注意してください。

>>Unsplash公式サイトはこちら

③:photoAC(写真AC)

フリー画像サイトphotoAC
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
有料プランあり
会員登録必要

photoAC(写真AC)は、日本をメインにした素材が800万点以上あるフリー素材サイトです。

海外素材サイトのような外国の画像ではなく、日本を題材にした画像をお探しの方に最適です。

photoACに登録すれば、グループ会社で運営している「イラストAC」「シルエットAC」などの他のサービスも利用できますよ。

無料プランの場合、検索回数が1日4回まで、ダウンロード数が1日9点まで制限されています。

>>photoAC(写真AC)公式サイトはこちら

④:O-DAN(オーダン)

フリー画像サイトO-DAN
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
有料プランなし
会員登録不要

O-DAN(オーダン)は、世界中の38個の素材サイトから一括して画像を検索できる画像まとめサイトです。

先ほどご紹介した、「Pixabay」「Unsplash」などの有名どころも検索できるので、効率よく素材探しができます。

日本語のキーワードを入力しても、自動翻訳して検索してくれますよ。

しかし、検索ワードによってはイメージに沿わない画像が表示される場合もあります。

パパっと手軽に画像を探したい時に便利ですね。

>>O-DAN公式サイトはこちら

⑤:unDraw(アンドロー)

フリー画像サイトunDraw
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
有料プランなし
会員登録不要

unDraw(アンドロー)は、シンプルでおしゃれなイラストを扱ったフリー素材サイトです。

おもにビジネスやIT関連の画像が用意されています。

unDrawの特徴は、カラーを自由に変更できる点。

画面右上のカラーパレットから色合いを調整できるので、ブログのイメージカラーに合わせられますよ。

フリー画像サイトunDraw

>>unDraw公式サイトはこちら

⑥:PAKUTASO(ぱくたそ)

フリー画像サイトPAKUTASO
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
有料プランなし
会員登録不要

PAKUTASO(ぱくたそ)は、個性的な人物写真や風景・動物画像などを取り扱っているフリー素材サイトです。

特に人物写真では、ユニークな画像が用意されているので、他のサイトでは見つからないような画像を探せますよ。

また、登録カメラマンが撮影した、オリジナル画像を取り扱っているのもポイント。

「どんな場面で使うの?」と思うような画像もあるので、オリジナル画像で差別化したい人は、ぜひチェックしてください。

>>PAKUTASO公式サイトはこちら

⑦:いらすとや

フリー画像サイトいらすとや
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
有料プランなし
会員登録不要

いらすとやは、さまざまなシチュエーションに合ったイラストが探せるフリー素材サイトです。

企業や公共機関のサイト・動画などで幅広く使われているので、一度は目にしたことがあると思います。

定番からマイナーまで豊富なイラストが揃ってるのが特徴ですね。

いろんなところで使われているので差別化は難しいですが、見慣れた画像なので読者に安心感を持ってもらいやすくなります。

>>いらすとや公式サイトはこちら

⑧:いらすとん

フリー画像サイトいらすとん
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
有料プランなし
会員登録不要

いらすとんは、水彩画風のゆるかわイラストがそろったフリー素材サイトです。

上記の「いらすとや」と同じイラストレーターさんが運営しているので、どことなくほっこりした画像なのが特徴です。

カテゴリーが豊富に用意されているので、素材探しに困ることがありません。

線画のみの白黒画像もダウンロード可能です。

>>いらすとん公式サイトはこちら

⑨:GIRLY DROP(ガーリードロップ)

フリー画像サイトgirlydrop
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
有料プランなし
会員登録不要

GIRLY DROP(ガーリードロップ)は、女の子に特化した素材サイトです。

可愛さ、恋愛をイメージさせるピンク系のカラーが多く、ファッションやカフェといったカテゴリーから画像を探せますよ。

顔が写っておらず、女の子をイメージさせる画像なので、いろんな場面で活用でき便利です。

>>GIRLY DROP公式サイトはこちら

⑩:model.foto(モデル ドット フォト)

フリー画像サイトmodel-foto
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
有料プランなし
会員登録不要

model.foto(モデル ドット フォト)は、女性をモデルにプロのカメラマンが撮影した画像を扱っている素材サイトです。

学生やビジネスウーマン、笑顔の女性のようにシチュエーション別で探せます。

>>model.foto公式サイトはこちら

⑪:food.foto(フード ドット フォト)

ブログ画像素材-foodfoto
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
有料プランなし
会員登録不要

food.foto(フード ドット フォト)は、さきほど紹介したmodel.fotoと同じ企業が運営している、食材や料理をメインにしたフリー素材サイトです。

こちらもプロのカメラマンが撮影した高画質な画像が揃っています。

料理系の素材サイトはなかなか無いので、ブログにグルメ画像を挿入する場合はチェックしてみてください。

>>food.foto公式サイトはこちら

⑫:HUMAN PICTGRAM2.0(ヒューマンピクトグラム2.0)

ブログ画像素材-HUMAN PICTGRAM2.0
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
有料プランなし
会員登録不要

HUMAN PICTGRAM2.0(ヒューマンピクトグラム2.0)は、非常口風のシンプルなイラストが揃っているフリー素材サイトです。

「やり投げ」や「ちゃぶ台返し」と言ったユニークなイラストもあり、それぞれいろんなバリエーションが用意されているのもポイント。

アタッチメント素材も配布されているので、イラストと組み合わせれば、オリジナル素材を作ることも可能です。

>>HUMAN PICTGRAM2.0公式サイトはこちら

⑬:ビジネス素材

ブログ画像素材-ビジネス素材
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
有料プランなし
会員登録不要

ビジネス素材は、ビジネス関連の人物イラストが探せる素材サイトです。

シンプルなイラストで落ち着いた色合いなので、使いやすいのが特徴。

希望のイラストが見つからなかった場合は、イメージに沿ったイラストをリクエスト可能です。

>>ビジネス素材公式サイトはこちら

:FLAT ICON DESIGN(フラットアイコンデザイン)

ブログ画像素材-FLAT ICON DESIGN
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
有料プランなし
会員登録不要

FLAT ICON DESIGN(フラットアイコンデザイン)は、立体感の無いフラットタイプの可愛いアイコンが揃った素材サイトです。

各アイコン画像は、カラーが3種類用意されていて、画像サイズやファイル拡張子も選択できるのが特徴です。

背景色無しも選択できるのが嬉しいですね。

ビジネスや日用品など、カテゴリーの幅が広くアイテム数が多いので、目的の素材が見つけやすいです。

>>FLAT ICON DESIGN公式サイトはこちら

⑮:ソコスト

ブログ画像素材-ソコスト
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
有料プランなし
会員登録不要

ソコストは、「ソコソコ使えるシンプルなイラスト」が豊富なフリー素材サイトです。

シンプルなので、いろんなシチュエーションで使えるのがメリットです。

線のみの白黒イラスト、カラー変更、線なし画像から選べますよ。

>>ソコスト公式サイトはこちら

⑯:ちょうどいいイラスト

ブログ画像素材-ちょうどいいイラスト
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
有料プランなし
会員登録不要

ちょうどいいイラストは、名前のとおり「ちょうどいい」が見つかるイラスト素材サイトです。

プロのイラストレーターが描いた高画質なイラストが揃っています。

>>ちょうどいいイラスト公式サイトはこちら

⑰:busitry-photo

ブログ画像素材-busitry-photo
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
有料プランなし
会員登録必要

busitry-photoは、人物写真をダウンロードできるフリー素材サイトです。

ビジネスや学生のほかに、笑顔や怒るなどの表情からも写真を探せます。

治療・病院カテゴリーもあるので、エステ関連のブログ運営におすすめですよ。

>>busitry-photo公式サイトはこちら

⑱:ICOOON MONO

ブログ画像素材-ICOOON MONO
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
有料プランなし
会員登録不要

ICOOON MONOは、フラットなデザインで統一されたアイコンフリー素材サイトです。

シックなデザインなので、ブログの他にもビジネス用の資料作成時などにも使えますよ。

表示されているデザインはモノトーンですが、ダウンロード時に好みのカラーに変更可能です。

>>ICOOON MONO公式サイトはこちら

【有料】ブログにおすすめの素材サイト4選(画像・イラスト)

次に、有料素材サイトをご紹介します。

コストは掛かりますが、高画質でおしゃれな画像がたくさんあるので、競合と差別化したい方はチェックしてくださいね。

①:Shutterstock(シャッターストック)

ブログ画像素材-Shutterstock
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
会員登録必要

Shutterstock(シャッターストック)は、4億点以上の高品質素材を扱っている、世界最大級の有料素材サイトです。

画像やイラストのほかに、動画や音楽もダウンロード可能です。

素材数が多いので、フリー素材サイトのように他の人と被ることがめったにありません

また、Shutterstockサイト内で画像編集が可能なので、作業を効率化できるのもポイントです。

料金プランは、月額定額プラン買い切り型の2種類があります。

年間契約の料金プラン

ダウンロード可能枚数月額料金
10枚3,500円/月
50枚12,000円/月
350枚22,000円/月
750枚25,000円/月

買い切り型料金

ダウンロード可能枚数料金
2枚3,500円
5枚6,000円
25枚28,000円

10点までダウンロード可能なおためし無料プランもあります。翌月までに解約すれば料金は発生しないので、高品質な画像をためしてみたい方はどうぞ。

>>Shutterstock公式サイトはこちら

②:freepik(フリーピック)

ブログ画像素材-FREEPIK
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
会員登録必要(有料の場合)

freepik(フリーピック)は、高品質な写真やイラストをダウンロードできる素材サイトです。

拡大・縮小しても画質が劣化しないベクター画像も扱っています。

無料でも以下のように利用可能ですよ。

アカウント登録なし・・・1日3点まで利用可能

無料会員登録・・・1日10点まで利用可能

しかし、どちらもクレジット表記が必要なので注意が必要です。

有料登録すれば、1日100点までダウンロード可能になり、クレジット表記は不要になります。

期間料金
12ヶ月約16,000円
(ひと月約1,300円)
1ヶ月約2,200円

>>freepik公式サイトはこちら

③:Adobe Stock(アドビストック)

ブログ画像素材-Adobe Stock
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
会員登録必要

Adobe Stock(アドビストック)は、Photoshopや Illustratorのデザインソフトで有名なAdobe社が運営する有料素材サイトです。

特徴は、PhotoshopなどのAdobe社製品と連携して使える点

たとえば、PhotoshopアプリからAdobe Stockの画像を直接呼び出せるので、画像をダウンロードしてアプリに読み込む手間が省けます。

無料プランも用意されていて、数万点の画像をダウンロードできるので、まずはお試しで使ってみたい方におすすめです。

ダウンロード可能枚数料金
月3枚3,828円/月
25枚6,578円/月
40枚10,428円/月
750枚27,478円/月

>>Adobe Stock公式サイトはこちら

④:PIXTA(ピクスタ)

ブログ画像素材-PIXTA
商用利用可能
クレジット表記不要
素材加工可能
会員登録必要

PIXTA(ピクスタ)は、日本最大級の有料素材サイトです。

日本企業が運営しているので、日本の風景や日本人の素材を豊富に扱っています。

PIXTAの特徴は、万が一著作権侵害などの損害があった場合でも保障サービスを受けられる点

安心して利用できるのは嬉しいですよね。

定額制プランや単品購入も可能なので、運用しているブログの規模に応じて利用できます。

ダウンロード可能枚数料金
月3枚1,980円/月
月10枚6,380円/月
月20枚9,900円/月
月50枚11,000円/月
月100枚16,500円/月
月350枚24,970円/月
月750点29,480円/月

>>PIXTA公式サイトはこちら

ブログでフリー素材サイトを使う際の注意点3つ

フリー素材を使うときの注意点は、以下の3つです。

フリー素材を使う際の注意点
  1. 商用利用できるか
  2. クレジット表記が必要か
  3. 素材の加工はできるか

フリー素材といっても、好きなように使っていいわけではありません。

サイトごとに利用範囲や使用ルールが決められていて、守らないと規約違反となり、場合によっては損害賠償を請求される可能性があります。

なので、以下で解説する注意点を必ずチェックしておきましょう。

1.商用利用できるか

1つ目は、商用利用できるかどうかです。

商用利用とは、何かしらのコンテンツを用いて金銭的な利益を得ること。

ブログはアフィリエイトで利益を得られるので、商用利用に該当します。

商用利用が禁止されている素材を使った場合、規約違反となります。

あとあとトラブルとならないためにも、利用規約を事前に読んでチェックしておきましょう。

2.クレジット表記が必要か

2つ目は、クレジット表記が必要かどうかです。

クレジット表記とは、「この素材を作った著作者はこの人ですよ」というものを表すもの。

無断コピーや転載を未然に防ぎ、著作権を守るのが目的です。

素材サイトによって内容は異なり、撮影者やサイトURL・提供元を明記する必要が場合があります。

3.素材の加工はできるか

3つ目は、素材を加工できるかどうかです。

加工OKの場合、ダウンロードした画像を画像編集ツールで加工して利用できます。

「文字入れはOK」「部分的な切り抜きはNG」といった感じで利用規約は異なるので、細かく確認しましょう。

補足:画像を引用する場合は、引用元を明記する

フリー素材ではありませんが、他のサイトに掲載されている画像を自分のブログでも利用したい場合は、引用元を明記しましょう。

ブログの内容をよりわかりやすく伝えるために、資料やデータを引用したい場合がありますよね。

しかし、引用する場合は以下のようなルールを守る必要があります。

引用ルール
  • 自分のブログに引用する必然性があるか
  • 自分のコンテンツと引用部分が一目でわかるように区別する
  • 引用元を明記する
  • あくまで自分のコンテンツがメインであること

今回ご紹介したフリー素材以外の画像を使いたい場合は、著作権侵害とならないために、上記を守りつつ利用しましょう。

ブログでフリー素材画像を使うべき理由3つ

ブログに画像やイラストなどの素材を使うべき理由は、以下の3つです。

画像素材を使うべき理由
  1. 読者の興味をひきやすい
  2. イメージがしやすくなる
  3. 記事が読みやすくなる

1.読者の興味をひきやすい

1つ目は、読者の興味をひきつけられることです。

フリー素材は、ブログのアイキャッチ画像として使うと便利です。

アイキャッチとは、このようにTOPページなどの一覧で表示される、記事ごとのサムネイル画像のことです。

WordPressブログのサムネイル画像

画像はパッと見のインパクトが強いので、テキストより目をひきやすくなります。

読者に興味を持ってもらえれば、記事が読まれる確率も上がるので、フリー素材を活用しましょう。

2.イメージがしやすくなる

2つ目は、読者が内容をイメージしやすいから。

記事で伝えたい事をすべてテキストだけで表現するのが難しい場合があります。

記事の内容を連想させる画像を用意すれば、読者が理解しやすくなります。

フリー素材のほかに、グラフや図解も活用すると良いですね。

3.記事が読みやすくなる

3つ目は、記事が読みやすくなる点。

テキストのみがズラーっと並ぶ文章は、意外と読みにくいものです。

視覚的に圧迫感が強くなって、読者のストレスになり、途中で読むのをやめてしまう可能性があるんですよね。

しかし、記事の途中で画像を入れれば読者の目が休まり、読み進めやすくなります。

画像は記事にリズムをつける役割もあるので、適度に利用して読みやすい記事にしましょう。

素材を選んだあとにやるべきこと

ダウンロードしたフリー素材は、ブログに適した画像サイズ・ファイル容量にしましょう。

理由は、サイズ・容量が大きいとブログの表示スピードが遅くなってしまうからです。

表示されるまでに3秒以上かかると30%、5秒以上となると90%の読者がページを離れてしまうと言われています。

なので、以下の数値を目安に素材サイズを小さくしてくださいね。

画像の横幅・・・1,000px以下
ファイル容量・・・200kb以下

画像の横幅は、「PhotoScape X」のような画像編集ツールでサイズ調整が可能です。

ファイル容量の圧縮は、「TinyPNG」を使えば一括で容量を小さくできますよ。

無料で利用できる画像編集ツール2選

最後に、無料で利用できる画像編集ツールをご紹介します。

・Canva
・Pixlr X

Canva

canva

Canvaは、基本無料で利用でき、おしゃれな画像が作れる画像編集ツールです。

テンプレートがたくさん用意されているので、好みのパーツを組み合わせるだけでクオリティの高いデザインが作れるのが特徴です。

ソフトをインストールする必要がなく、ブラウザ上で操作できるので、手軽に作れますよ。

有料版もありますが、無料でも機能が充実しています。

Pixlr X

pixlr-x

Pixlr Xもブラウザ上で操作が可能な画像編集ツールです。

操作がシンプルなので、初心者にも使いやすいと言えます。

テキスト入力や画像の切り抜き、リサイズなど豊富な機能が揃っていますよ。

また、4つのファイル形式(JPEG、PNG 、webP、PXZ)に対応しているのも嬉しいポイントです。

まとめ:画像やイラスト素材を使って魅力的な記事にしよう

今回は、ブログにおすすめのフリー素材サイトを紹介しました。

素材サイトの画像やイラストを使えば、記事がおしゃれになるだけでなく、読みやすい記事にもなります。

ご紹介したサイトはどれも特徴が異なるので、あなたのブログに合った素材を見つけてください。

また、利用規約を守りながら魅力的な記事を書いて、収益化していきましょう。

>>ブログ運営でおすすめのツール16選【効率よく収益化できます】

>>ブログ記事の書き方!7つの手順と15のコツ【初心者向け】

>>【初心者向け】おすすめWordPressテーマ10選

ブログフリー素材のアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

40歳から始めた雑記ブログで収益25,000円 | 2022.7〜仮想通貨ブログ開始→3ヶ月で16,000円達成 | ためになる仮想通貨・NFT情報を発信してます | 2児のパパ |

目次